国内小説

天祢涼『希望が死んだ夜に』14歳少女の殺人の動機とは

希望が死んだ夜に 感想

 

女子中学生、冬野ネガが、同級生の女の子を殺害した。

 

『希望が死んだ夜に』
著/天祢 涼(あまねりょう)
出版/文春文庫

 

あらすじ

14歳の女子中学生・冬野ネガが、同級生の春日井のぞみを殺害した容疑で逮捕された。
少女は犯行を認めたものの、動機は一切語らない。
県警捜査一課の真壁は“半落ち”の容疑者に納得がいかず、
生活安全課の女性刑事・中田蛍とともに捜査を続ける。
やがて意外な事実が浮かび上がってきた。

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・のめり込める小説が読みたい
・女性の活躍がみたい
・伏線回収がうまい作品が好き

 

 

絶対に、ネタバレは見ないでください。
(この記事でネタバレはしません)

 

『希望が死んだ夜に』はこんな人にオススメ

のめり込める小説が読みたい

小説としてとても面白いです。

百合要素もありますが、
扱っているテーマが重いため、そちらに惹かれます。

先の読めない青春ミステリ、
ぜひ翻弄されてください。

 

女性の活躍がみたい

ネガは、どうして同級生を殺したのか、理由を話しません。

警察は理由を探し求めます。

捜査の中心となるのは真壁刑事と、
殺人事件とは畑違いの部署にいるのに、
なぜか上司から絶大な信頼を得ている女性・中田蛍。

この女性の活躍がとてもたくましいです。

男性社会の中で自分を見失うことなく、
真摯にネガに向き合う姿に心をうたれます。

 

伏線回収がうまい作品が好き

読者が感じるちょっとした違和感を
すべてきれいに回収していきます。

後半にいくにつれ、ページをめくる手が
止まらなくなります。

 

 

『希望が死んだ夜に』感想&好きなポイント

久しぶりに寝食を忘れるほどのめり込んだ作品でした!

 

ネガの殺人の動機に好奇心をかきたてられて読んでいると、
次々とあきらかになる真相や思いに、
胸が張り裂けそうになります…。

 

また、刑事さんの心境の変化も魅力でした。
彼のように、自分の非や考えが変わったことを
認められる大人はなかなか居ないかもしれません。

 

 

『希望が死んだ夜に』補足情報

異性への恋愛描写もあり

好きな男の子のことも描かれるので、
「これは百合じゃないよ!」と感じる方もいると思います。
(私は巨大感情タイプの百合だと感じたので紹介させてもらいました。)

 

ですが、百合要素がなくてもとても面白い作品なので
ぜひ手にとってほしいです。

 

くりかえしになりますが、絶対、ネタバレは見ないでくださいね!

 

 

 

インスタではもっとたくさんの本を紹介しています。
よかったらフォローしてください。
湯屋こゆ@yuya_koyu