国内小説

木爾チレン『みんな蛍を殺したかった』顔が可愛ければ、幸せになれますか

みんな蛍を殺したかった感想

 

みんな、誰かを殺したいほど羨ましい。

 

『みんな蛍を殺したかった』
著/木爾チレン(きなちれん)
イラスト/紺野真弓
出版/二見書房

 

あらすじ

京都の底辺女子高に通うオタク女子三人が所属する生物部、別名「オタク部」に、
東京から転校してきた美しい少女・蛍が入部する。

次第に友人として絆を深める四人だが、ある日、蛍が線路に飛び込んで死んでしまう。
真相はわからぬまま年月が経ち、蛍がのこした悲劇の歪みに絡めとられていく――

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・二次元のオタクである
・可愛くなりたい
・仕掛けのあるお話が好き

 

 

愛を求めて、愛された記憶にすがる女の子たちの物語。

 

 

『みんな蛍を殺したかった』はこんな人にオススメ

二次元のオタクである

生物部のオタク女子三人は、容姿に恵まれず、
クラス内でもカースト底辺の扱いを受けています。
だから、急に入部してきた美少女の蛍に戸惑います。

彼女たちの悲痛な叫びは、
オタクを自認している人には共感できるものも多いです。

あと、とある実在する作品にかけた名前が出てくるので、
それに気づくとちょっと嬉しくなります(話の展開的には嬉しくないですが…)

 

可愛くなりたい

オタク女子三人はただあのひとに愛されたかった。
自分もあの子みたいな容姿になれたら…。
自分が蛍になれたら…。

容姿の可愛さと、心と、愛は、
そうではないと願っても、
どうしても繋がってしまう。

 

仕掛けのあるお話が好き

蛍はどうして生物部に入部してきたのか。
どうして自殺してしまったのか。

読み進めるほど新たな謎が出てきて、
最後まで読むと点が線でつながります。

読み終わるともう一度読み返したくなる、
そんな仕掛けがつまった作品です。

 

 

 

『みんな蛍を殺したかった』感想&好きなポイント

醜い感情に目がいきがちですが、
女の子たちはみんな人を愛する心を持っています。

でも、自分を愛する強さを持つことは難しいから、
あのひとに愛してほしかった。

醜い感情を包み隠さず描いた作者さんのやさしさが伝わるように感じました。
それでもいいんだよ、みんな同じだよ、と言ってくれているような…。

しっかり百合を感じる展開もあり、
お話は悲しいけれど百合小説としても大満足の一冊でした。

 

『みんな蛍を殺したかった』補足情報

作者さん自ら「百合好きさんにも読んでほしい」と言ってみえます。
作者さんに明言してもらえると、私も薦めやすくて嬉しいです。

 

好評につき重版もされています。おめでとうございます!

 

あなたもぜひ、蛍をつかまえてみてください。

 

2021年8月現在、電子書籍化はされていません。
紙の本は蛍光色が美しいです。