国内小説

江國香織『号泣する準備はできていた』私たちは行き止まりにいる

号泣する準備はできていた レビュー、感想 レビュー、感想

所有と喪失、そして存続を描いた短編集。

『号泣する準備はできていた』
著/江國香織(えくにかおり)
装画/植田真
出版/新潮文庫

あらすじ

濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った「じゃこじゃこのビスケット」など全12篇。
号泣するほどの悲しみが不意におとずれても、きっと大丈夫、切り抜けられる……。
そう囁いてくれる直木賞受賞短篇集。

百合濃度※該当の作品のみ

この作品はこんな人にオススメ

・百合以外のお話も読みたい
・大人百合が好き
・幸せそうなふたりを見たい

私たちは「行き止まり」にいる。

表題作「号泣する準備はできていた」は百合ではありません。
12編のうち、百合は1つだけです。

『号泣する準備はできていた』はこんな人にオススメ

百合以外のお話も読みたい

この短編集、ぜんぶで12編のお話が入っています。
その中で百合は1つだけです。

なので、百合はもちろん
いろいろなジャンルのお話を読みたいな~という方にオススメ。

思わず口に出したくなるようなフレーズが多くて
読みごたえバツグンです。

大人百合が好き

働く大人の百合です。

仕事から帰ってきた恋人と話すというだけの日常の中に
とめどない愛が溢れています。

幸せそうなふたりを見たい

主人公が不満をもらすシーンがあります。

そのあとのふたりのやり取りが
とても愛おしい。

読み終わったあと幸せな気持ちに浸れます。

『号泣する準備はできていた』感想&好きなポイント

ただただこのふたりが幸せであってほしい。
そう思えるお話でした。

なんだろう、幸せなんだけど、ちょっぴり寂寥感もあって…。
それはおそらく、同性婚が認められない現状への
疑問、不満につながるからだろうなと感じます。

彼女たちの「行き止まり」が否定やマイナスの意味でなく、
幸せの頂点であることを願わずにはいられません。

表題作「号泣する準備はできていた」は百合ではありません。
12編のうち、百合は1つだけです。