国内小説

あなたと、自分と、向き合い続けた27年の軌跡『ののはな通信』

ののはな通信、感想

ふたりの女性の長きにわたる交流を、書簡形式で綴る長編小説。

百合濃度

『ののはな通信』
著/三浦 しをん
装画/布川愛子
出版/KADOKAWA

この作品はこんな人にオススメ

・学生百合から大人百合まで見てみたい
・スッと胸に入ってくるような言葉を味わいたい
・酸いも甘いも味わいたい

何度も離れた。けれど、心の中にはずっとあなたがいた。

『ののはな通信』はこんな人にオススメ

学生百合から大人百合まで見てみたい

ののとはなの出会いはお嬢様学校。
ふたりの手紙の交流は、空白期間がありながらもなんと27年続きます。

学生のうちだけを描くのではなく、
また大人の日常の一部をきりとったのでもありません。

女の子が女性になっていく、
地続きの生活をふたりの手紙を通して感じ取ることができます。

スッと胸に入ってくるような言葉を味わいたい

ののも、はなも、それぞれの感性で
愛や恋や友情を綴ります。

自分の気持ちと向き合い、それらを言葉にする。
時に感情的に、時に詩のような美しさで。

人の心や在り方を表現する言葉は
こんなにも多様なのかと感動します。

酸いも甘いも味わいたい

ののとはな、想いが通じ合うこともあれば、裏切りやすれ違いもあります。
それでも確かに愛し合った記憶を胸に、ふたりはそれぞれの道を進みます。

幕引きは賛否両論のようです。

この幕引きに読了を後悔したという声もTwitterで見かけました。
酸いも甘いも受け入れる覚悟のある方はぜひ読んでみてください。

『ののはな通信』感想&好きなポイント

ちょっと大人な砂糖菓子みたいな作品だな、と思いました。

砂糖の甘さを味わっていたら、中から苦いお酒が出てきてびっくりしたけど、
そのお酒の味もきらいではない…みたいな…。

ののとはなのように、ここまで言葉を尽くして語り合える人がいるのは、
奇跡に近いと思います。
その奇跡の美しさと残酷さをなぞる体験は貴重でした。

自分の想いを、たいせつな誰かに伝えるときには
きっとこの作品を思い出します。

↓下のタグをクリックで同じジャンルの作品を表示します