ライトノベル

宮澤伊織『そいねドリーマー』眠れない女の子は夢の中でたたかう

そいねドリーマー 感想

彼女たちのそいねが眠りを守る。

『そいねドリーマー』
著作/宮澤伊織(みやざわいおり)
イラスト/丸紅茜
出版/早川書房

あらすじ

不眠症の高校生・帆影沙耶は、どんな相手でも眠らせられる金春ひつじと夢の中で「恋人」として出逢う。
この街では、眠りの世界〈ナイトランド〉で人の精神に取り憑く睡獣と、夢で自由に動ける能力者スリープウォーカーたちの戦いが人知れず続いていたのだった――。

百合濃度

この作品はこんな人にオススメ

・ファンタジーが好き
・かわいいだけじゃ物足りない
・空想が好き

夢の世界で、私とあなたは恋人同士。現実ではーー?

『そいねドリーマー』はこんな人にオススメ

ファンタジーが好き

主人公の沙耶は、ひょんなことから
夢の中、ナイトランドに現れる謎のいきものと戦う羽目になります。

夢の中だから、毎回ありえないシチュエーション、ありえない設定の中で
想像力を使って戦います。

SFというよりファンタジー要素のつよいお話です。

かわいいだけじゃ物足りない

登場人物は全員女の子で、
恋心を抱いている子もいます。

そのいじらしさがかわいいなぁとほっこりしていたら…。
ぜひ、ラストまで読んでください。
それまでの印象がガラリと変わります。

空想が好き

もし、空を飛べたら…
もし、自分が戦うなら…

そんな「もし」を考えるのが好きな方は
きっと夢の中で戦う沙耶たちがうらやましくなります。
(大変なんですけどね)

『そいねドリーマー』感想&好きなポイント

ラストまで読んで「うわ、好き…」ってなりました。
ネタバレになっちゃうので言えないんですけど、
この幕引き、私はめちゃめちゃ好きです!

メインの五人のキャラもタイプのちがう可愛さです。
私はひつじとカエデが好き。

『そいねドリーマー』補足情報

このブログの画像は単行本版です。
蛍光ピンクなイラストがとっても可愛いんですよ~!
そいねドリーマー 感想

Amazonでは売り切れ、楽天ブックスに在庫があります。

下のリンクは文庫版になります。