国内小説

朱川湊人『アンドロメダの猫』彼女と出会って、私は目覚めた

アンドロメダの猫 感想

 

大好きだと、言える人がいて、よかった。

 

『アンドロメダの猫』
著/朱川湊人(しゅかわみなと)
イラスト/河合真維
出版/双葉社

 

あらすじ

コールセンターで派遣社員として働く瑠璃はある日、少女・ジュラと出会う。
どこか不思議な雰囲気を持つジュラがなんとなく気になる瑠璃。
やがて〝事件〟が起き、追われる身となった二人は街を出る。
行きついた先で平穏なひと時を迎えるが……。

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・年の差百合が好き
・逃避行が好き
・宇宙が好き

 

 

あなたの為なら、私はこの身を。

 

 

『アンドロメダの猫』はこんな人にオススメ

年の差百合が好き

主人公の瑠璃は27歳。
出会った少女、ジュラは20歳。

7歳差ですが、ジュラの幼さを感じる言動が
とても可愛くていじらしいです。

 

逃避行が好き

とある事件をきっかけに、二人は追われる身となります。

どうにか二人が幸せに、平穏に過ごせるよう祈るけれど……。

結末はぜひご自分の目で確認してください。

 

宇宙が好き

瑠璃はアンドロメダ銀河に憧れています。

あるとき、ジュラが描く絵に宇宙を感じるようになって……。

「恋は盲目」状態の瑠璃を見ていると切なくなってきます。

 

『アンドロメダの猫』感想&好きなポイント

「文学の世界にも百合があるんだ!」と気付くきっかけになった作品です。

この本をきっかけに、百合小説を探すようになったので、
個人的に思い入れがあって大好きな1冊です。

ですが、男性にひどいことをされる描写もあるので、
大手をふって「オススメだよー!」と言えないのがつらいところ…。
瑠璃とジュラがお互いを必要とする描写はとても素敵なんですよ…!

 

 

『アンドロメダの猫』補足情報

前述しましたが、瑠璃やジュラが男性にひどいことをされる描写があります。

確かに百合ではあるけれども、気分を害すシーンが出てくるので要注意です。