ライトノベル

『アステリズムに花束を』世界初、百合SFアンソロジー

アステリズムに花束を 感想

 

この世界は、あなたを愛することよりずっと不可思議。

 

『アステリズムに花束を』
著/今井哲也・小川一水・草野原々・櫻木みわ×麦原遼
南木義隆・伴名練・宮澤伊織・森田季節・陸秋槎
イラスト/シライシユウコ
出版/ハヤカワ文庫

 

あらすじ

百合――女性間の関係性を扱った創作ジャンル。
創刊以来初の三刷となったSFマガジン百合特集の掲載作ほか全9作を収める、
世界初の百合SFアンソロジー。

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・百合を感じる感度が高い人
・たくさんの百合作家を知りたい人
・なぜ?に論理的な答えがほしい人

 

 

生半可な百合好きは置いていかれます。

 

『アステリズムに花束を』はこんな人にオススメ

百合を感じる感度が高い人

「不在の百合」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、最初から最後まで、相手の女性が出てこないことを指します。

この「不在の百合」を描いた作品が一番最初に載っています。

 

そのほかにも、こちらの想像力、
もとい、百合へのこじつけ力が試される作品がいくつか収録されています。

 

たくさんの百合作家を知りたい人

著者の多くは、今回のために百合に挑戦したのではありません。

日ごろから百合を愛し、百合作品を世に出している人たちです。

気に入った作風の人が見つかったら、
ぜひその著者の別の本も読んでみてください。

 

なぜ?に論理的な答えがほしい人

本作はSF×百合アンソロジーです。
現実では起こりえない、不可思議な設定が多く出てきます。

ですが、すべてファンタジーでは済ませず、
仕組みがきちんと説明されます。

理系のお話が好きな人はハマるはず。

 

 

『アステリズムに花束を』好きなポイント

同じ「百合×SF」というお題でも、
書く人によってこんなにも違うのか!と驚かされます。

1冊でたくさんの百合を堪能できるのは贅沢な時間でした。

 

完全に文系の私には理解が及ばない話も多かったですが…。

男性、女性、文系、理系とで感想が分かれる1冊だと思います。

 

 

『アステリズムに花束を』補足情報

アンソロ参加者による百合作品

このアンソロジーに参加している著者の、
他の百合作品を一部紹介します。

裏世界ピクニック

2021年にアニメ化も決定しています。

 

裏世界ピクニック
宮澤伊織『裏世界ピクニック』サバイバル×都市伝説ホラー×SF 「ピクニック」というのどかな響きに安心していると痛い目を見ます。 『裏世界ピクニック』 著/宮澤伊織(みやざわいおり...

 

元年春之祭

中国の本格ミステリ作家による「重百合」。

 

ツインスター・サイクロン・ランナウェイ

『アステリズムに花束を』に掲載されている短編を、
著者自らがふくらませて1冊の本にしたもの。

 

最後にして最初のアイドル

ポップな表紙に反してグロい描写もあります。

 

 

 

 

インスタではもっとたくさんの本を紹介しています。
よかったらフォローしてください(`∨´*)
湯屋こゆ@yuya_koyu