ライトノベル

王女を護る騎士の日常『盟約の少女騎士』

盟約の少女騎士、感想
yuyakoyu

美麗なイラストと共に中世ファンタジーの世界へ。

百合濃度

『盟約の少女騎士(スキャルドメール)』
著/陸秋槎(りくしゅうさ)
イラスト/鈴観
出版/星海社 e-FICTIONS

あらすじ

ゼーラント王国のアーシュラ王女が設立した騎士団には、少女ばかりの騎士が集っていた。
騎士の一人であるサラは、任務で不審な連続自死事件に遭遇する。
異教徒の彼らが信仰する“七短剣の聖女”の正体に迫るなか、
サラはこの世界の秘密にも接近していたーー。

この作品はこんな人にオススメ

・澄ました女の子が好き
・歴史が好き
・百合を見出すのが好き

少女騎士が追う希死論理:ホワイダニット(Why done it?)。

『盟約の少女騎士』はこんな人にオススメ

澄ました女の子が好き

主人公のサラは自分の責務を淡々とこなすタイプです。

血生臭い場面に遭遇しても、鍛錬でくたくたになっても、
さらりとした印象を受けます。

サラ以外の登場人物も
クールな印象を与える女の子が多めです。

歴史が好き

世界観が創り込まれているので、
歴史の教科書にワクワクする人にオススメ。

王女はどうして騎士団を作ったのか?
どうして少女だけの騎士団となったのか?

ぜひ本書で確かめてみてください。

百合を見出すのが好き

なにげなく手に取った作品に百合を見出して嬉しくなることありませんか?

この作品は百合濃度が低いです。
主人公のサラには許嫁もいます。

「この描写は…」「このふたりはもしかして…!?」と読み込みたくなる方にオススメ。

『盟約の少女騎士』感想、好きなポイント

騎士って何をしてるんだろう?
という疑問にこたえられる作品だと思いました。

戦う場面だけではない、護衛のための移動の大変さや、
人間関係の窮屈さも描かれていて、リアリティがあります。

私はサラと仲の良いロータが好きです。髪の描写が素敵…。

この記事を見て「読んでみたいなぁ」と思った方へ。
登場人物が多いので、メモしながら読むのがオススメです!ほんとに!

↓下のタグをクリックで同じジャンルの作品を表示します

ABOUT ME
こゆ
こゆ
@百合読書
年間100冊読む読書好き。わかりやすいツンデレが好物です。
記事URLをコピーしました