ライトノベル

佐藤真登『処刑少女の生きる道』人を救うために人を殺める

処刑少女の生きる道

 

世界観に惹き込まれたら最後、
ページをめくる手が止まりません。

『処刑少女の生きる道(バージンロード)』
著/佐藤真登(さとうまと)
イラスト/ニリツ
出版/GA文庫

 

あらすじ

この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。
過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、
彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。
――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・戦う女の子が好き
・中二病
・百合カップリングをたくさん読みたい

 

【紙の本】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)
created by Rinker

【電子書籍】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)

created by Rinker

 

百合とストーリー、どちらもしっかり楽しめます。

 

『処刑少女の生きる道』はこんな人にオススメ

戦う女の子が好き

主人公のメノウと補佐官のモモは、表向きには聖職者。
でも実際には異世界からきた人間を始末する処刑人。

  • 処刑人 VS 異世界人。
  • 処刑人 VS 一国のお姫様。
  • 処刑人 VS 化け物。

1巻だけでもメノウたちは戦闘しっぱなしです。
力で押しきるだけでなく、知恵と機転を効かせた戦いっぷりがカッコイイ!

 

中二病

魔導と聞いてワクワクする人、
漢字がいっぱいの長~い呪文にゾクゾクする人。
絶対好きです。

メノウが使う魔導をひとつ紹介します。

『導力:接続ーー教典・十三章十三節ーー発動
【殉教の精神は愚かなほどに、尊い】』

これはかなり読みやすい方です。

もっと複雑な詠唱もあるので、かかってこいや!という人は
ぜひ読んでみてください。

 

百合カップリングをたくさん読みたい


主なキャラクターはこの動画に出てくる4人。

推しカプ論争が起こりそうなくらい
カップリングのパターンが多いです。

つれないタイプのカップリングが好きな人には特に刺さります。

 

【紙の本】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)
created by Rinker

【電子書籍】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)

created by Rinker

 

『処刑少女の生きる道』好きなポイント

中二病!百合!という私の大好物が揃っているので…
ハマりますよね。

「読者だけが知っているうまみ」を出すのが
とても上手な作家さんだと思います。

話の構成が巧みすぎる…。

 

 

『処刑少女の生きる道』補足情報

GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品

7年ぶりってすごいですね…。

ちなみに7年前に大賞を受賞した作品は『ダンまち』こと
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』です。

 

『処刑少女の生きる道』は現在4巻まで発売されており、
8月の段階でシリーズ累計10万部を売り上げています。
(情報源は書籍のオビです)

 

【紙の本】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)
created by Rinker

【電子書籍】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)

created by Rinker

 

ヤングガンガンでコミック連載中

異世界ファンタジーを文章で読むのってなかなかエネルギーが要るので、
まずはマンガでお試しするのもアリです!

コミック立ち読みはコチラ

 

【紙の本】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)
created by Rinker

【電子書籍】処刑少女の生きる道(バージンロード) (GA文庫)

created by Rinker

 

 

インスタではもっとたくさんの本を紹介しています。
よかったらフォローしてください(`∨´*)
湯屋こゆ@yuya_koyu