海外小説

李琴峰『星月夜』自由になれる居場所を求めて

星月夜,感想

 

ここでなら、自由になれると思った。

 

『星月夜』
著/李琴峰(りことみ)
出版/集英社

 

あらすじ

日本の大学で日本語を教える台湾人の柳凝月(りゅうぎょうげつ)と、
新疆ウイグル自治区出身で、日本の大学院を目指す生徒の玉麗吐孜(ユーリートゥーズー)は恋人同士。

共通の言語を持ち、幾夜も語り合い、玉麗吐孜のことを分かっていると思っていた柳だが、彼女が背負う重りを知らずにいた自分に気付く……。

 

百合濃度

 

この作品はこんな人にオススメ

・リアリティのある話を読みたい
・日本以外の国をよく知らない
・先生と生徒の恋愛を読みたい

 

 

あらゆる縛りから逃れたくて、ここに来たはずだった。

 

 

『星月夜』はこんな人にオススメ

リアリティのある話を読みたい

これは日本で暮らす、海外出身のレズビアンを描いた作品です。

そこに宗教や言葉も関係してくることでグッと重みが加わります。
特に玉麗吐孜(ユーリートゥーズー)が同性愛に苦しむ描写は、
読んでいてとてもつらくなります。

 

日本以外の国をよく知らない

出身が日本ではない別の国というだけで、
こんなにもこの国(日本)は生きづらいのか、と驚きます。

同時に、彼女たちの出身国の生きづらさにも驚きます。

政治、宗教、偏見、言葉の壁。
居場所を見つけることは、こんなにも難しい。

 

先生と生徒の恋愛を読みたい

書いておいてなんですが、禁断の愛!みたいな
背徳感を感じるものではないです。
恋人同士なのにドキドキする描写はほぼありません。

それでも先生として、恋人として、
玉麗吐孜(ユーリートゥーズー)を見守り、
理解しようとする柳先生の目線がやさしく、切ないです。

 

 

 

『星月夜』感想&好きなポイント

私はこの作品を語る言葉を持てていない気がしています。
国や宗教によってちがう考え方をあまりにも知らなくて、
自分の愚かさを知った気分です。

でもそんな言葉で逃げてはいけないので…
自分が信じるものを大事にするように、
相手が信じるものも尊重できるように生きていきたい。

うまく言えなくてもどかしいですが、読めば必ず刺さるものがあります。

 

『星月夜』補足情報

作者の李琴峰(りことみ)さんは台湾出身。作家であり、翻訳者でもあります。

『星月夜』は台湾出身の李さんが日本語で書いた作品です。
母国語ではない言語で小説が書けるってすごすぎませんか…!

第165回芥川賞受賞

2021年の第165回芥川賞を
『彼岸花が咲く島』という作品で受賞されています。
おめでとうございます!

管理人は未読なのですが、少し百合を感じるといった感想も見かけたので
いずれ読んでみようと思います。