国内小説
PR

一瞬の煌めきが灰色に澱んでいく『蝶と帝国』

蝶と帝国、感想
yuyakoyu
記事内に商品プロモーションを含みます

神に、時代に、あの人に、もう想いは届かない。

百合濃度

『蝶と帝国』
著/南木義隆(なんぼくよしたか)
装画/shirone
出版/河出書房新社

あらすじ

20世紀初頭、帝政末期のロシア。
時代の悪意に翻弄された一人の女性の愛と復讐を、新鋭が描破する。

この作品はこんな人にオススメ

・陰のある女性が好き
・料理の描写が好き
・SF(すこしふしぎ)が好き

¥1,782 (2024/06/14 09:39時点 | Amazon調べ)

何がどうなったら、彼女は救われたのだろう。

『蝶と帝国』はこんな人にオススメ

陰のある女性が好き

貴族の屋敷でエレナお嬢様の相手と、料理を任されているキーラ。
ふたりは恋人というわけではありません。

愛を渡り歩くようにさまざまな相手と関係をもつエレナと、
想いを秘めたまま日々をやり過ごしているかのようなキーラ。

特にエレナは一見すると奔放な女性にみえますが、
過去にとある事件に巻き込まれていて…。

料理の描写が好き

キーラは料理人です。

キーラの作るお菓子やディナー、
彼女が嗜むお酒が、ほんとうに美味しそうに描かれます。

読んでいると、食事を大事に味わいたくなるほど。

それも彼女を取り巻く環境や心境とともに変わっていくのですが…。

SF(すこしふしぎ)が好き

キーラには超能力のような力があります。

SF(すこしふしぎ)な力については特に説明がないので、
ちょっと戸惑いますが、その力はあらゆる場面で活躍します。

キーラがその力を使うのは
大切な人といっしょに居るときだけ…だったらよかったのに。

¥1,782 (2024/06/14 09:39時点 | Amazon調べ)

『蝶と帝国』感想&好きなポイント

この作品がヴェールのようにまとう陰鬱でうろんな雰囲気が好きです。

キーラの求める愛は結局どこにあったのかな、と考えると切ないです。
彼女を慕う友人のひたむきさも悲しい…。

陰鬱なヴェールとは無縁の料理の描写も好き!
キーラも料理の時だけはいきいきしているように感じました。

『蝶と帝国』補足情報

2023年2月に発売された『百合小説コレクション wiz』の帯に
こんなことが書いてありました。

3/21追記
3/31より連載が始まります!

¥1,782 (2024/06/14 09:39時点 | Amazon調べ)

↓下のタグをクリックで同じジャンルの作品を表示します

ABOUT ME
こゆ
こゆ
@百合読書
年間100冊読む読書好き。わかりやすいツンデレが好物です。
記事URLをコピーしました