ライトノベル

矢部嵩『少女庭国』永遠への絶望

少女庭国 感想
yuyakoyu

 

どこまでも続く部屋に、中3女子がまたひとり。

 

『少女庭国』
著/矢部嵩(やべたかし)
イラスト/焦茶
出版/ハヤカワ文庫

 

[box04 title=”あらすじ”]
卒業式会場に向かっていた中3の羊歯子は、気づくと暗い部屋で目覚めた。
隣に続くドアには貼り紙が。

“下記の通り卒業試験を実施する。
ドアの開けられた部屋の数をnとし
死んだ卒業生の人数をmとする時、n-m=1とせよ”。

ドアを開けると同じく寝ていた女生徒が目覚め、やがて人数は13人に。
不条理な試験に、彼女たちは…。
[/box04]

 

百合濃度[jinstar1.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

 

[box04 title=”この作品はこんな人にオススメ”]
・女子だけの世界が好き
・SFが好き
・残酷なストーリーもやぶさかではない
[/box04]

 

 

これは、女子だけの果てしない物語。

 

 

『少女庭国』はこんな人にオススメ

女子だけの世界が好き

本当に女子しか出てきません。
けれど、おそらく、いま想像したものとはまるで違う世界の作品です。

理不尽な状況に置かれた女子だけの世界。
甘々な百合はいっさい出てきませんのでご注意ください。

 

SFが好き

SF、というくくりでいいのかちょっと自信がないですが…。
怪作であることは間違いないです。

制限された空間の中で
無限に広がる作者の思惑に飲み込まれていきます。

 

残酷なストーリーもやぶさかではない

このお話はたくさんの中学3年生の女子が出てきます。

ドアの開けられた部屋の数をnとし
死んだ卒業生の人数をmとする時、n-m=1とせよ

この不条理な卒業試験を突きつけられたとき、
あまたの中3女子がどう動くのか。

まるで研究論文かのように
彼女たちの行動を細かに記録したストーリーです。

 

 

『少女庭国』感想&好きなポイント

めちゃくちゃつらかった~…。

頭がおかしくなりそうでした、つらくて。

つまらないという意味ではないです。
むしろ引きこまれてしまう。
残酷なシーンもあるのですが、
淡々と進むので本当に論文を読んでいる気分になります。

百合を感じられる女の子は数名で、
たくさんの話の中でもその数名のエピソードが印象的でした。

 

 

 

https://www.yurinovel.com/release/

 

ABOUT ME
こゆ
こゆ
@百合読書
年間100冊読む読書好き。わかりやすいツンデレが好物です。
記事URLをコピーしました