電子書籍

yu__ss『【VTuber】私の推し、嫌われてた【#おしきら】』Vの魂まで愛してる

#おしきら レビュー、感想

私の推し、そんなにダメですか?

『【VTuber】私の推し、嫌われてた【#おしきら】』
著/yu__ss
イラスト/もこきよ
出版/kindle

あらすじ

ブラック企業の洗礼を受けて療養中の能代亜衣は、
笑顔と活力を与えてくれた「VTuber天宮寺りりあん」の推し活のため、社会に復帰する。
新しく入った会社で出会った、年下で先輩の宮城みらいに

「天宮寺りりあんの、どこが好きなんですか?」

と問われ…能代は天宮寺りりあんの過去の行いと、
天宮寺りりあんがどう思われているかを知ることになるのだった。

百合濃度

この作品はこんな人にオススメ

・VTuberが好き(気になる)
・愛の重い子が好き
・てぇてぇ…を味わいたい

愛の重たいオタクは推しの幸せを願います。

『【VTuber】私の推し、嫌われてた【#おしきら】』はこんな人にオススメ

VTuberが好き(気になる)

仕事が原因で体調をくずしていた主人公・能代は、
偶然再生したVTuber「天王寺りりあん」の動画に救われます。

配信やコメントの雰囲気、ファンのいざこざなど、
VTuberが好きな人にはあるある、
気になるけどあまり知らないなぁという人には
その世界を垣間みることができます。

愛の重い子が好き

主人公・能代は新しい職場の同僚・宮城さんに
「天王寺りりあん」への愛を語ります。

宮城さんは「天王寺りりあん」が好きじゃないみたいだけど…。
それでもとめどなく溢れる愛ゆえに語り続ける主人公、つよい。

てぇてぇ…を味わいたい

展開はわかりやすいので、
読者は来たるべき「てぇてぇ…」を心待ちに読み進めることができます。

「正直、VTuberの良さがわからない…」という方は
主人公・能代の言動から、
そうか、こうやってVTuberの文化を楽しんでるのか!という気付きも得られます。

『【VTuber】私の推し、嫌われてた【#おしきら】』感想&好きなポイント

VTuberにわかの私ですが、とても楽しめました!
VTuberってリアルイベント出れるんだ!?というのが驚きでした。
時代は進んでいる……。

展開はとてもわかりやすいんですけど、それゆえにはやる気持ちが抑えられず、
はやくはやく!と続きを読み進めちゃいます。

天王寺りりあんのビジュアル、めちゃめちゃかわいいのでもっとイラストも見たかったですね。

『【VTuber】私の推し、嫌われてた【#おしきら】』補足情報

こちらはKindleでのみ販売されています。
紙の書籍はありません。